読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界最高の語学学習サービスを作る

世界最高の語学学習サービスを作るまでの道のりとダイエットの道のりを綴ります。

フィリピンで現地のSIMカードと手持ちのモバイルWiFiルータを使って格安でネットを利用する方法

フィリピンはWiFi天国で、いたるところでWiFiや電源が使えるのですが、それでも好きな時や緊急時にネットが使えると便利かつ安心です。
スマートフォンローミングすることも可能ですが、1日で3,000円以上かかったりしてしまいます。

そこで今回は、フィリピンの現地のSIMカードを購入して、格安でノートPCやスマートフォンからネットを使う方法を紹介します。
これから日本でもフィリピンへの英語留学が流行ると思っていて(個人的に2012~2013年でかなり増えると予想)、そういった方々の参考に少しでもなれば幸いです。
ある程度の日数滞在する場合は、現地のSIMカードを利用してネットした方が圧倒的に安いです。
例えば、モバイルWiFiルーターで1ヶ月間ネット定額のコースでも2,000円以下しかかかりません。
他にも5日間定額コースで400円など、短期滞在者にとっても便利な多数のプランがあります。
また、日本で使っているEmobileのD25HWもSIMフリーなので利用可能です。
AmazonでもSIMフリーのモバイルWiFiルーターが購入できます。


1,  SIMカードを購入する。


SIMカードは携帯電話とか売っているお店で購入可能です。


f:id:yang_yang:20111211141537j:image

f:id:yang_yang:20111211141527j:image

キャリアをSmartにする場合は、
SIM card,  smart bro」という感じの単語を伝えるだけで買えます。
SIMカードは40ペソ(約80円)。
キャリアはSmartかGlobeが電波が良いみたいです。
僕はSmartにしました。こんな感じ。


f:id:yang_yang:20111210180221j:image

2, その場でプリペイドをチャージする。


SIMカードには予め少しチャージされていますが、すぐに無くなるので、その場でお金をチャージしましょう。
プリペイドカードを買って自分でチャージすることも可能なのですが、その際にSIMフリーの携帯が無いとチャージするためのSMSを送信できないので
SIMカードを買ったお店でチャージしてもらいましょう。
チャージすることを現地では「Charge」ではなく「Load」というので、
Please load to this SIM card here.」と言った感じで言えば、お店でチャージしてくれます。
その際に金額を聞かれるのでチャージしたい金額を伝えましょう。


3, モバイルWiFiルーターにSIMカードを挿して完了。


色々設定する必要がある場合もあるのですが、僕はSIMカードを挿しただけで自動で繋がりました。
キャリアがSmartになっているのが確認出来ると思います。ちなみに上に写っているのがプリペイドカードです。


f:id:yang_yang:20111203165156j:image

金額は10ペソで30分間利用可能です。
他にもSmartのサイトで定額プランや色々なプランを申請可能ですが、アカウント登録しないといけないのでまた機会があればご紹介致します。
Smartのサイトに登録すると残高も確認出来て便利です。


http://www1.smart.com.ph/bro