読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界最高の語学学習サービスを作る

世界最高の語学学習サービスを作るまでの道のりとダイエットの道のりを綴ります。

フィリピン英語留学が日本を変える、ネットサービスよりも先に

f:id:yang_yang:20111126135627j:plain


昨年の11月から6週間と今年の1月中旬から3月中旬までの2ヶ月間の
合計約3ヶ月間、にフィリピン英語留学に行って来ました。
行ってた先の学校はラングリッチさんです。
ラングリッチさんの感想を書こうと思ったのですが、もう少し全体的なことを書くことにしました。
*ステマじゃないですw


僕が感じる外国語を覚えるプロセス

僕個人の考え方として、外国語を話せるようになるには海外に住むのが一番の近道だと思っています。
僕も中国に一年間留学して中国語がそこそこ上達しました。
理由としては、外国語を覚えるプロセスは(外国語に限らないと思いますが)、以下のようなものだと思っているからです。



1, 使おうとする。
2, どう表現したらいいか分からなくなり、頭の中で?マークの空白が出来る。
3, 正しい答えを学ぶ or 知る。
4, 覚える。


というプロセスだと思っています。
(分かりにくい表現ですみません。)
特に2がとても大事で。
疑問が沸かないと、いくらテキストを読んだり聞いたりしても中々覚えられないからです。

例えば海外に行ってレストランでお会計を頼もうとして(上記プロセスの1)、何を言って良いか分からないとします(プロセス2)
そして帰って辞書なりネットなりで調べて、「あ、こう言うのか」と知ります(プロセス3)
すると、プロセス1,2で既に頭が答えを欲している状態になってるので、圧倒的に記憶に定着しやすくなります(プロセス4)
(Lang-8も全く同じ発想で、自分で書こうとすると疑問が湧き、それを添削してもらうことによって記憶に定着します。)

これを日本でテキストを眺めててもプロセス1と2が抜けてるので、中々覚えられません。
(もちろんお会計の一言くらいは覚えられますが。)


では、留学の何が良いかというと、
プロセス1,2を実践出来るからです。
先生に対して自分の言いたいことを表現しようとした時、町で買い物しようとした時、等自分が言いたいことを言えない経験をする機会が沢山あります。
それがとても大事です。

3は日本にいても出来るのですが、どうしても1,2の機会があまりありません。
逆に言うと1,2のプロセスを体験できるなら日本にいても覚えられます。

さらに先生や現地の人達が喋ってるのを聞いているうちに、よく使う表現は繰り返し出てくるので、自然と覚えます。
上手く表現できないのですが、テキストではなくそのシチュエーションで生きた表現に触れると、覚えやすい気がします。



日本の英語教育で圧倒的に欠けてるスピーキングや会話を強化できる

(スピーキングと会話って若干被ってますね汗)

これも個人の経験ですが、そもそも日本ではスピーキングとか会話とかやる機会が殆ど皆無だった気がします。
それで話せるようになる方がおかしいのではと思っています。

当然、フィリピン留学に行くだけで英語が完璧になる訳ではないですが、今まで殆ど0だったところを少しでも前進させられる所に非常に大きな価値があると思っています。
下手でも話すことに苦手意識がなくなるだけでも意義があります。
この圧倒的に欠けている部分を体験出来るだけでも、留学には非常に大きな価値があると思っています。



何故フィリピンなのか

ずばり安いから。
大抵の学校は宿と食事とマンツーマンレッスンがついて1ヶ月10数万円で行けてしまいます。
もちろんそれでも誰でも気軽に行けるわけではないですし少なくない額です。

ただアメリカに留学するよりは圧倒的に安いですし、日本で英会話を学ぼうと思っても結構なお金がかかります。

低価格で留学が出来ることによって、より多くの人が利用できる様になるだけでも大きな意味があり革命だと感じています。




フィリピン留学が日本を変える日

フィリピンには留学に来てる韓国人の方が沢山います。
どこもかしこも韓国の人だらけです。

本当か知らないのですが、韓国人の大学生の30%がフィリピン留学をしていると聞きました。
(詳しい方いたら教えてくださると嬉しいです。)


もし日本でフィリピン留学がブームになれば(2,3年以内になる気がしてます。)、
英語に苦手意識を持つ人が減って、もっと海外に出る人が増えるんじゃないかなと思っています。
そうなればグローバルで戦える人が増えて日本も強くなる気がします。

(この辺の説明は大分はしょってますが、また機会があれば書きます。)


当然英語が出来ればそれで全て上手くいくわけではないですし(そこでやっとスタート地点)、もちろん出来ないとダメでもないです。
ただ、上述したように今まで0だったものが前に進むだけでも大きな価値がありますし、低価格化により多くの人が留学することによって大きく変わる可能性はあるのかなと思っています。

もし大学生の3割が留学するようなことになれば、ネットサービスより先に日本を変えることなるかもしれません。
(ネットで語学学習サービスを提供している僕が言うのも変ですがw)

以下はフィリピン英語留学をしてから世界一周をしている太田君の著書です。
これを読んで行った人も結構いました。

フィリピン「超」格安英語留学フィリピン「超」格安英語留学
太田英基

東洋経済新報社 2011-07-28
売り上げランキング : 1703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ちなみに僕達はLang-8で世界を変えます!