読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界最高の語学学習サービスを作る

世界最高の語学学習サービスを作るまでの道のりとダイエットの道のりを綴ります。

「期待してたのにガッカリだよ」

たまには日記っぽいものを。

弊社は創業からもう6年も経っています。
以下のインタビューに詳しいですが、紆余曲折で未だに成功していない。

50万ユーザーを抱えるある学生起業家の苦悩と挑戦 - THE BRIDGE

WEBのシロウトが生んだグローバルサービス|「Lang-8」創業者に学ぶDIYスピリット。[前編]│CAREER HACK

Lang-8代表の喜洋洋先生に学ぶ、サービス運営の落とし穴と具体策



2009年頃に、Lang-8が日本のWeb業界で少しだけ知名度が出てきて、有難いことに色んな賞とかも頂きました。
(ビジネスやっているのに賞とか全く意味ないっていうのはよく分かっています。)

本日、その賞の審査員をやられていた方に偶然お会いしました。
当時はかなりLang-8を評価して下さっていたらしいです。
なのにそれから4年経ってもブレークしない。

ちなみに、一緒にコンテンストに出ていた企業は尽く今凄いことになっています。


スタートアップの定義は急成長することなので、今のところは全く成功しているとは言えません。
ひとえに僕の能力不足です。


外部から見たら失敗なのでしょう。


ただ、僕は2009年の年末から安易な道は選ばずに、これから大きく伸びるために必要な道を進んできたつもりです。
やり方に固執せず、必要なことは受け入れて常に自分を変えてきました。
でも、サービスのコンセプトはずっとブラしていません。

僕としては1歩1歩道を切り開いてきて準備をしてきて、あっという間に時間が過ぎて来たという認識です。
より大きい飛躍のために手を打ってきて、今は創業当初並みにモチベーションも高いです。


外部から見た景色と僕の中の気持ちは全然違うなー、って思ってこの記事を書きました。


だらだらやってたら駄目ですが、今が6年間で一番良い状態なので、焦らずに頑張ります。


僕としてマイナスの状態からやっとスタート地点に持ってきた認識です。
・今は受託開発しなくても、Lang-8があるので自社サービスに集中できる。
・放っておいても新規のユーザーさんは増えている。
・ある程度のユーザー数がいる。
・長く一人でやってきてたのが、今は3人いる
・開発手法も以前と比べたら大分洗練されてきた。
・家賃2万円の家に住みカップラーメン食べなくて済むようになった(今はレトルトカレー食べてます)。

(別に今でもそういう生活出来ますが)

こっから何回でもバット振って挑戦できるわけです。
今からスタートだと思えばこんなに恵まれた環境はありません。

2009年のコンテンストでも言いましたが、目標ユーザー数は一億人です。
頑張ります。


ちなみにその方には頑張ってね、と激励を頂きました。応援して頂いたのにご期待に添えなかった僕が悪いので本当に頑張ります。
Disるために書いたのではなくて、良い刺激になったので書こうかなと思いました。
今も応援して下さってるのでとても感謝しています!

実はかなりこれから伸びるLang-8で働きたい方はこちら!