読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界最高の語学学習サービスを作る

世界最高の語学学習サービスを作るまでの道のりとダイエットの道のりを綴ります。

本を翻訳するクラウドファンディングサービス

僕は本を大量に買うのですが(最近買っても読めてない...)、
読みたい本の和訳版が出版されない or 原著と比べて出版されるまでが遅い、という問題を感じることがあります。

そこで、本の翻訳版を読みたい人からお金を集めて翻訳するクラウドファンディングサービスが出来たら良いなーってよく妄想しています。

注意: 僕は翻訳も出版も門外漢なので、頓珍漢なことを言っているところも色々あると思います。

流れ

1 翻訳してほしい本を登録

ここで、翻訳料とか他の費用がソーシャル翻訳サービスから見積もられるとか?

2 翻訳版を読みたい人達が支援していく(お金を払う)

3 プロジェクトに必要な資金が溜まったら翻訳開始

4 翻訳が完了したら、電子書籍で支援者にすぐに配布

5 翻訳完了後から一定期間経過したら一般向けにも販売開始

クラウドファンディングサービス側はプロジェクトの規模に応じた手数料をもらいます。

メリット

  • せっかく翻訳しても全然売れないっていう心配が無い
  • マイナーと思われて翻訳版が出ない本でも、支援者が集まれば翻訳版が読める
  • より多くの翻訳版の本が世の中に流通する

問題点

クラウドファンディングの会社が出版社とかと提携...?

イデアに価値は無い

よく言われてることですが、アイデアに価値はあまりなく、実行するのが一番難しいです。
上の方でもサラッと"出版社とかと提携"って書いてますが、超大変でしょうし。



以上、こんなサービスあったら超使うのにな、っていう妄想でした。

追記

Facebookのコメントで要約版もあると嬉しい、というご意見を頂きました。
確かに今の時代は要約で読めるの大事ですよね!
要約版を別料金で設定したら面白そう