読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界最高の語学学習サービスを作る

世界最高の語学学習サービスを作るまでの道のりとダイエットの道のりを綴ります。

リモートワークが捗るツール1選

2016年一回もブログ書いてなかった。。

f:id:yang_yang:20161201162321p:plain

Sneekとは

1分毎などに自動で働いている様子のスクリーンショットを取ってくれます。 さらにワンクリックで会話をスタートできるので、リモートでもコミュニケーション取りやすいのが特徴です。

Lang-8社では昔Sqwiggleというサービスを愛用していたのですが、サービスが終了してしまいむせび泣いた記憶があります。 その後ずっとtPresentというのを使っていたのですが、ブラウザベースなので使いづらく会話も出来ないという点が不便でした。

sneek.io

Slackだけでは足りない

Slackだけだとオンラインになっていても実際には席立っていたりすることがあります。 で、オンラインだと思ってメンション飛ばしても長時間返事が返って来ないとかなりストレスです。

その点、Sneekがあるとその場にいるのが分かるので上記のストレスがありません。 また、話したほうが早い内容はワンクリックで会話できるのでとても楽です(Skypeとかみたいに相手の応答が必要ないのが特徴)

ちなみにSlackとも連携できて /sneek @yang8とかで会話が出来るみたいです。 まだ試してないですが。

sneekを実際に使っている様子

f:id:yang_yang:20161201162249p:plain

左の人、生気を感じませんがちゃんと仕事してます

ちなみにモザイクモードもあります

f:id:yang_yang:20161201170614p:plain

その場にいるってのが分かればいいので、化粧してないから恥ずかしいとか部屋が散らかってるとか、裸族とかそう言った事情がある時は、モザイクでもいいかもしれません。

リモートワークの意義(働く人視点)

働く人の視点からリモートワークのメリットを書いてみます

  • 好きな場所から出来る

ちょうど当社のデザイナが2ヶ月サンフランシスコでリモートワークしています。

www.wantedly.com

  • 天気が悪い時とか出勤しなくていい

  • 家の用事やりながら作業できる

宅配便が来るときとか、洗濯物がある時とか。 (僕はよく訓練されたワーカホリックなので、全て会社に宅配便届けてますが)

  • 育児をしながら仕事が出来る

当社では主婦の方のアルバイトも多いのですが、時間や場所の融通が効くのがここまで彼女達にとって重要なのは話をしてみるまで分かりませんでした。

  • 会社から遠く離れた所に住んでても、働ける。

当社は東京ですが、長野に社員がいます。

リモートワークの意義(会社視点)

メリット

では、経営者視点から見たメリットは何でしょう。

  • リモートワークじゃないと採用できなかった人が採用できる

これが一番大きなメリットだと思っています。 この会社で働きたいけど、結婚していて東京に来ることは出来ない、等。

  • 社員が喜ぶ

個人のメリットの所で書いた点ですね。

デメリットというか注意点

僕も時代はリモート&非同期だとは思っていますが、同じ場所で働いて熱量を共有する重要性は無視できないです。

Lang-8社はスタートアップです。

スタートアップとは、急成長してサービスを伸ばし最終的には成功させてナンボです。 なので、皆リモートで自由に楽しく働きましょうね、っていうのが1番の目的ではありません。

サービスを伸ばさないとそもそも未来は無いため、そこの成果を出すのが一番の目的であるべきです。

綺麗事を言うつもりはありません。

というわけで、現在の感覚だと社員やフリーランスの方の20%以上がリモートになるとちょっとキツイかなー、とは感じています。

また、仕様決めたりUI決めたりするのもリモートで時差があるとちょっと難しいなって感じました。

言われたことをガーってやっていくのはリモートでもワークしますが、意思決定に関わりたい人はやっぱりその場にいた方がやりやすいです。

募集中

当社のサービス、HiNativeが急成長中です。 本気で世界1億人のサービスにしていくので、ご興味ある方はお気軽にご連絡下さい。

www.wantedly.com

www.wantedly.com

プレゼンの英語の発音をネィティブスピーカーに無料でチェックしてもらうと捗る

f:id:yang_yang:20150324125102j:plain
写真はうちの大福の大ちゃんです。本文とは一切関係ありません。



発音をチェックしてもらえる機会ってなかなか無い


ネィティブスピーカーに簡単に質問できるアプリ「HiNative」が先日音声対応しました。
(アプリはまだ日本ではダウンロード出来ず、Web版は音声の再生しかできません、この時点でこの記事なんなんだ、という話ですが、良かったらアメリカのアップストアでダウンロードしてみてください。)

Web版
hinative.com


日常で発音をチェックしてもらえる機会ってなかなか無いんですよね。

昔アメリカのスタバで
「ice coffee tall」(正しくはiced coffee tallらしい)
と頼んだら

「ice coffee two
が出てきて泣きながら飲んだことがあるんですが、それくら発音って難しいです。


でも、HiNativeなら、音声をアップロードして、しかもネィティブスピーカーが音声で回答してくれます(無料)

実際の様子

以下のような感じで僕が下手くそな英語の音声を投稿します。


hinative.com



するとネィティブスピーカーが音声で正しい発音を教えてくれます。*1




Ice coffee tallも練習しています。
hinative.com

海外の方の日本語を聞くのも面白いです。
hinative.com

回答は速い時で5分

質問を投稿して、数分で音声が回答が来ることもしばしばあります。

プレゼントとかで使う決め台詞だけでも正しい発音を練習しておくといいかもですね。

*1:本来は、質問者と回答者本人、または将来導入するプレミアムユーザー以外は回答の音声は再生できないのですが、今回は回答者の方に許可を取って特別にここに音声を貼っています。

Lang-8 100万人突破&新サービス

Twitterは息を吸うより速いペースで呟いてるのに、ブログは全く書かないyang8です。

Lang-8会員数100万人突破しました。

2014年10月16日にLang-8 登録会員数100万人突破しました。
ご利用下さっている皆様本当に有難うございます。

もちろん

  • 100万人いくのに何年かかってるんだ
  • 今どき100万人なんて
  • 重要なのはアクティブ率

というのは誰よりも分かっています。

ただ、Lang-8みたいなサービスは引きは強く、アプリが存在しないPCベースのサービスなのに新規登録は加速してるので、その辺の利点は後述する新サービスにも繋がります。

とはいえ、ITも何も分かってなかった大学生の頃に作ったサービスがこうなので、今なら100倍違う結果が出せると思っております。

7年間一回もアクセスの無かったあの国からアクセスが有りました。

Lang-8には、3カ国(?)を除く全ての国と地域からアクセスがあるのですが、ついにその3つのうちの1つからアクセスがありました。
経緯がとても気になります。

参考:
3カ国?を除いて世界中全体からのアクセスを達成しました。 - 世界最高の語学学習サービスを作る

新サービス「HiNative」

新サービスの発表です。

f:id:yang_yang:20141020112739p:plain

どういうサービスか

一言でいうとネイティブスピーカーに簡単に質問できるサービスです。

利用シーン

例えば、

  • 英語のメールを書いてて、「二度手間をおかけしてすみません。」ってなんて言うんだろう? 辞書だとどれが実際に使う表現か分からないし、ネイティブにサクッと教えてもらいたい。
  • 海外に行ってレストランのメニューが読めない時に、写真を撮ってアップするとすぐに(目標)「これはこういうメニューで、ちなみにこれがオススメだよ」と誰かが教えてくれる。
  • 漢字の読めない外国人の方が、写真を撮って質問すると、すぐに説明が返ってくる。
  • 海外の人と付き合ってる人が「私の彼氏、こういうことするんだけど、これってその国では普通なんですか?」って聞くと直ぐに国際版女子会が始まる。
  • 音声をアップロードすると、ネイティブスピーカーが発音を採点してくれて、さらに正しい発音を教えてくれる(今後実装予定)

等などです。

たとえば、下記は「お手数をおかけしてすみませんって英語でなんと言いますか?」と聞いたら数分で、
「現在形ならこう、過去形ならこう」と回答が来ました。

f:id:yang_yang:20141020115042p:plain

何故新サービスにしたのか

Lang-8のアプリが欲しい、というご要望はたくさん頂いており、作りたいのは山々です。
しかし、Lang-8の問題点として

  • 外国語で文章を書くのは非常に高いモチベーションが必要
  • PCで長文書く人も減ってるのに、アプリで長文書くのが必要なサービスがスケールするとは思えない。

という点があり、既存のしがらみに捕らわれず囚われずとらわれずゼロベースで考えた結果です。
ここを書くと長くなるので省略。

(はてブコメントで指摘を受けて、HiNativeで聞いたら囚われる、が正しい漢字でした。ご指摘有難うございました。)

日本のApp Storeからはダウンロード出来ません。

HiNative - Language/culture Q&A platform on the App Store on iTunes

すみません。
会社が日本にあるので、日本の方が一番増えやすい傾向にあります。
せっかく登録しても回答が付かない自体を避けるために、海外ユーザーさんが沢山加入した最高の状態で是非日本のユーザーさんには使って頂きたいです。

あとは、グローバルで人気の出るサービスを作りたい、という覚悟でもあります。

実現したい世界

Lang-8の時から一貫して変わっていませんが、ネイティブスピーカーやその国の人達にとっては当たり前のことでも、その他の人たちにとっては貴重な情報はたくさんあります。

ネイティブスピーカーの知識や経験の流通をもっと促進していって、世の中を進化を加速するのに貢献するようなサービスを作りたいです。

目標ユーザー数は1億人です。
Lang-8のたった100倍なので、いけるでしょう。

やるからにはでっかいことをしたいです。

Railsエンジニアの方募集中

というわけで、上記に興味をもった方はお気軽にご連絡下さい。
一緒に世界的なサービスを作っていきましょう!

新サービス HiNativeを一緒に作っていくRailsエンジニア募集中! - 株式会社Lang-8の求人 - Wantedly

キャラクターについて

モモンガです。残念ながらハムスターではありません。

初の完全リモートの正社員

Twitterはめっちゃやるのにブログは全く書いてないですね、良くないですね。

本日から新たにiOSエンジニアがジョインしました


以前からフリーランスとしてお仕事をお願いしていた方が、本日より正社員としてジョインしました。

今回の勤務体系は3人しかいない会社にしては思い切った形になっています。

完全リモート勤務

特徴としては

  • 完全リモート(東京にいません)
  • 働く時間もだいたい自由(お昼寝も自由)
  • 勤務時間は7時間未満

という形になっています。

もちろん、彼のパフォーマンスの高さによって成り立つという面もありますが。

リモートを支えるツール

既に数ヶ月リモートでやっているので、全く心配はしてないです。
その際に使っているツールをご紹介します。

Slack
Github
Qiita Team
Sqwiggle

Sqwiggleは放送事故に気をつければとても便利なツールですね。

時間と場所の融通を効かせたら、優秀な人の応募がたくさん来た

以前wantedlyでiOSエンジニアを募集したのですが、時間と場所を自由にしたらかなり優秀な方の応募が沢山来ました。
変に形式張る必要はないですねー。
もちろん、実際に会ってのコミュニケーションのメリットはたくさんありますが。

ポエム

色々頑張ってます。

Android Wearを使ってみた感想

Android Wearを使ってみたので感想を殴り書き

f:id:yang_yang:20140716121233j:plain
写真はDuolingoのアプリ


  • 音声入力が相性が良い。
  • 文字入力する端末じゃないなーと。
  • Facebookメッセンジャーとかの内容確認するなら十分。返信も音声で出来ると便利そう。
  • スマホよりさらにシンプルな操作のアプリが相性が良さそう。

Tinderとか好みだったら右、そうじゃなかったら左という操作でAndroid Wearに対応している。
Duolingoも単純な暗記カードとして対応してて、◯Xで対応している。
YOみたいな単純なアプリも相性良さそう。

  • 寝ながらずっと触ってたら腕が疲れる。
  • 常に目につく端末にpushで通知が来るのはスマホにはない新しい体験。可能性大きそう。
  • 今後もっと高級なのとかオシャレな時計が出てくると思うし、そうなると楽しそう。
  • Up24を使ってたけど、両方つけるのしんどいので睡眠時間記録の機能がAndroidWearにも付いたらUp24は使わなくなると思う。

やっぱりパイの大きい所狙ったほうがいい

以下ものすごく当たり前のことを書きますが。

ありがたいことに、最近Lang-8で中国人ユーザーさんがドッカンドッカンと増えているんですね。
(Lang-8のことをどなたかが呟いて、それが1万RT、100万view以上と大きな反響を得たのがキッカケみたいです。)

で、やっぱりパイの大きい所を狙うの大事だなと。


Lang-8では、2007年に日本語学習者(世界に300-400万人しかいない)に向けて宣伝をしたことがあります。
それ以来、手が回ってなくて宣伝は全くしてこなかったですが、口コミで日本語学習者はかなり入ってきてくれています。

また、会社が日本にあるお陰で日本語ネィティブのユーザーさんも沢山入ってくれています。


つまり、
現状以下の方々にはアプローチできている状態です。

母語話者:日本語ネィティブ
学習者:日本語学習者


これをもっとパイの大きい、

母語話者:中国語ネイティブや英語ネィティブ
学習者:英語学習者以外ではスペイン語学習者

を先に増やしていけば、桁違いで増えるんだろうなー、と実感しています。
いや、当たり前すぎてわかってるんですが、改めて肌感覚で実感したというか。


次の新サービスのアプリ出したら、スペイン語を学習している英語ネィティブを率先して増やしていこうと思います。

本を翻訳するクラウドファンディングサービス

僕は本を大量に買うのですが(最近買っても読めてない...)、
読みたい本の和訳版が出版されない or 原著と比べて出版されるまでが遅い、という問題を感じることがあります。

そこで、本の翻訳版を読みたい人からお金を集めて翻訳するクラウドファンディングサービスが出来たら良いなーってよく妄想しています。

注意: 僕は翻訳も出版も門外漢なので、頓珍漢なことを言っているところも色々あると思います。

流れ

1 翻訳してほしい本を登録

ここで、翻訳料とか他の費用がソーシャル翻訳サービスから見積もられるとか?

2 翻訳版を読みたい人達が支援していく(お金を払う)

3 プロジェクトに必要な資金が溜まったら翻訳開始

4 翻訳が完了したら、電子書籍で支援者にすぐに配布

5 翻訳完了後から一定期間経過したら一般向けにも販売開始

クラウドファンディングサービス側はプロジェクトの規模に応じた手数料をもらいます。

メリット

  • せっかく翻訳しても全然売れないっていう心配が無い
  • マイナーと思われて翻訳版が出ない本でも、支援者が集まれば翻訳版が読める
  • より多くの翻訳版の本が世の中に流通する

問題点

クラウドファンディングの会社が出版社とかと提携...?

イデアに価値は無い

よく言われてることですが、アイデアに価値はあまりなく、実行するのが一番難しいです。
上の方でもサラッと"出版社とかと提携"って書いてますが、超大変でしょうし。



以上、こんなサービスあったら超使うのにな、っていう妄想でした。

追記

Facebookのコメントで要約版もあると嬉しい、というご意見を頂きました。
確かに今の時代は要約で読めるの大事ですよね!
要約版を別料金で設定したら面白そう